三宅島中継授業!

12月 11th, 2013

みなさん、こんにちは!原田です^^

昨日行われた、メディアビジネス論は、いつもと少し様子が違います。

いつもはゲスト講師が嘉悦大学に来て
講義を行ってくれるのですが……

DSC_3996

今回はなんと、三宅島にいるゲストと
skype中継しながら授業を行いました\(◎o◎)/!

DSC_4024
ゲストは三宅島で開かれている三宅島大学のスタッフ。
授業では、三宅島大学をメディアととらえて、ゲストにお話を伺いました。
三宅島大学Webサイト:
http://www.miyakejima-university.jp/

さらに、ラジオ番組風授業に挑戦。
ラジオパーソナリティは、田島先生。

5時の時報やCMなど、凝った演出に加えて、
お便りのコーナーと題して、ゲストに受講者からの質問に答えていただきました。

<田島先生>「ラジオネーム、『明日がアルさ』さんからのお便りです。『(三宅島大学キャラクターの)あしたば君はどういう経緯で生まれたのですか?』」
<ゲスト>「キャラクターをつくりたい!ということで、みんなで描いていたら、自称絵が下手という人の絵が良くて、それを採用したんです。」

DSC_4041
▲写真に写っているのがあしたばくんです。

授業の後半には、「このクラスを『田島大学』と見立てて、自分になにができるか考えよう」というワークを行いました。

DSC_4122DSC_4096
「自分は、先生にカツを入れます!教員指導!」なんて発表する学生も登場。
それぞれ放送委員会、掃除係といった役割を考えていて面白いワークとなりました。

DSC_4134

アソビのような、本気の授業。
教員は楽しい授業を試行錯誤しながらつくります。
実は、学生も一緒に試行錯誤しながらつくっています。

教員だけでは成り立たない。学生だけでも成り立たない。
さらに職員もサポートなければ成り立たない。
嘉悦大学は教職学、三者が楽しさを目指して授業をつくっています。

大人たちが本気であそびだすと、つられて学生も本気であそびだします。
授業であそぶなんて!と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。
でも、アソビは教育とかけ離れているでしょうか?
私はそうは思いません。楽しいから学べるのです。

みなさん、こんな授業、いかがでしょうか。
受けたくなりませんか?

Filed under: ビジネス創造学部, 地域, 授業, 経営経済学部

Facebook comments:

Leave a Reply