インタラクティブな講義資料で授業をやってみた

5月 17th, 2010

「データベース技法」 – 嘉悦大学ソーシャルマーケティングブログ

「2020 年の嘉悦大学はどうなっている?」 – 嘉悦大学ソーシャルマーケティングブログ

これら2つのブログエントリーでTwitterを利用した講義について紹介しましたが、この授業でインタラクティブ(双方向)な講義資料をPowerPointで実現しました。

この授業では、「2020 年の嘉悦大学はどうなっている?」というお題で、履修者に「#kaetsu2020」というハッシュタグ付きでツイートしてもらいました。

実際にプロジェクタで映写されているPowerPointの画面には、Twitterから「#kaetsu2020」で検索し、その検索結果を表示するFlashが埋め込まれており、学生たちがツイートすると、数秒後にPowerPointのスライドに反映するようにしました。

その時の様子が以下の写真です。

image

最近、先生が一方的に授業をするだけでなく、より双方向の講義スタイルが求められているなんてことがよく言われたりします。今回の試みは、講義資料自体をインタラクティブにし、学生の意見がほぼリアルタイムに反映されるというチャレンジをやってみたというわけです。

成功したかどうかは、、、わかりません。笑

いかにも私たちが開発したシステムを使っているかのように語りましたが、実は以下のページに紹介されているツールを使用しただけです。興味がある方はご参考に!

Power Pointでのプレゼン時にtwitterのつぶやきを表示させる技([b] bizMode)

Filed under: 教育

Facebook comments:

Leave a Reply